FX初心者のためのFXの相場分析方法

相場分析 FX

 

相場の分析方法

それではFXの相場分析の方法についてお話ししていきます。

FXの相場分析には大きく分けて二つの方法があります。

それはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析です。

テクニカル分析はチャート分析と呼ばれることもあります。

FXで勝つためには自身の投資スタンスに合わせて両者をバランスよく取り入れる必要があります。

これから両者の特徴について順番に解説していきたいとおもいます。

テクニカル分析ですがこちらは過去の値動きが記録されたチャートと呼ばれるグラフを分析して未来の値動きを予想することです。

未来は誰にもわかりませんので過去のチャートの値動きっていうのを見てそこから分析して未来はこうなるだろうと予測してトレードするわけです。

値動きのパターンを見たり後移動平均線やトレードラインストキャスティクスなどのテクニカル指標を見たりして今後の値動きを予想していきます。

トレンドラインに沿って長期的な上昇トレンドが発生しています。

上昇トレンドや下降トレンドっていうのは一度そういうトレンドに乗ればある程度の期間はトレンドに沿ってチャートがスイングという風に考えて間違いありません。

上昇や下落の起点に目が目星をつけるために投資家自身が自分でチャートにラインを入れます。

投資家は自分で入れるって事です。

トレンドラインのあたりまで下落したらまた反発すると予測することができるわけです。

これがFXの基本的な考え方です。

買いポジションを取って上がるはずだからそこで売るとそうすると利益が出るということです。

こういったことがテクニカル分析と言われます。

ファンダメンタルズ

続きましてファンダメンタルズ分析です。

こちらは政治や経済情勢から相場の値動きを予測する分析方法です。

各国の金利や経済指標要人の発言金相場原油価格などなど多くのファンダメンタルズ要因が存在します。

例えば金利が高いアメリカやオーストラリアといった国の通貨は変わりやすいです。

また米国雇用統計をはじめとする経済発表時には多くの投資家が注目しておりレートが急激に動きやすいといった例が代表例です。

レートが急激に動きやすいのは要人発言も同様でアメリカの大統領のツイートの内容によって相場が化するっていうことも珍しくありません。

その他にも原油価格が下落するとオーストラリアやカナダといった資源国通貨が売られやすくなること金相場と米ドルが逆相関の関係なりドルが買われたら金が売られて金が買われるとドルが売られやすくなることも多くの投資家が注意指揮しています。

ここまでテクニカル分析とファンダメンタルズ分析について解説してきましたが結局どっちを重視したらいいのかというとテクニカル分析っていうのをトレードの軸としてファンダメンタルズ要因はトレードを避けるべき時間いや日時、そういったものを知るために使う程度にすることをお勧めします。

その理由としてはファンダメンタルズ要因は多すぎてカバーし消えないっていうことや前述した例以外にも本当にたくさんの要因があってしかもその要因等が複雑に絡み合ってますのでファンダメンタルズ要因だけで売買の判断もしたいということであればかなりの専門性が必要になるんです。

ほぼ不可能に近いです。

まとめ

FX初心者の方は売買は判断する軸っていうのはテクニカル分析チャートを分析することにおいていただいてファンダメンタルズ分析は経済指標や要人発言の情報にアンテナを貼っておいて相場があれやすいタイミングではトレードを避けるといった立ち回りに使うのが無難かと思います。

あとは実戦を重ねる中で自分なりのバランスを見つけていくことが大切です。

今回はFXの相場分析の方法について解説させていただきました。

FX
シェアする
ニートFXをフォローする
FX収益億越えトレーダーのニートが教える手法講座。